今日はpm1:00出社なので、その前にラーメンを食べに行こうと...
かねてから狙っていた北馬込の不気味なお店「うましかラーメン」は
到着したのが10:45分で、まだ閉まっていた、残念。

2番目の候補の、青山墓地下交差点にある「かおたんラーメン」には、
11:10分到着。やはり閉まってる。結構開店は遅いんだな〜
じゃ〜と、青山1丁目交差点手前の「麺屋 武蔵」と、
ところが11:15分でまたまた、開店前。
すでにこの時点ではお客さんは4人だけ待っていました。
くっそ〜! では、と教えてもらった「青葉@飯田橋」に急行。 
外苑西通りを走っていまして、四谷三丁目のR20を勝手に靖国通りと思ってしまい、
左折してしまったら、すっかり迷子。
なんとか辿り着いたら、11:35分。 すでに20人以上の行列。
みんな仕事ちゃんとしてんのかな〜?
待つこと30分、なんとか店内へ。
武蔵同様、店内が綺麗というかシックで非常に良いですね。
東京のおいしいお店ってみんなこうなのかな?
座った席が入口側だったので店長さんの作業や厨房内がたっぷりできて、
待ってる時間も楽しみました。
一度に2つ分の麺を器に入れる作業がとてもステキ! 
それとチャーシューを切っていた包丁がいいな〜、欲しいな〜
頼んだのは「特製中華そば」850円。
味に関しては魚系の味ってだけではなくなんか混ざってるんでしょ?
「武蔵」の魚系のスープとは全然違いますね。 
素人ながら僕的には最初のインパクトが強烈だった「武蔵」に一票かな?
トッピングしてあった、煮玉子は「武蔵」の全熟とは違い、
半熟でトロ〜ンとしてるのが実に好き好きで「青葉」に一票。
それとチャーシューが凄く旨かったです。これも「青葉」に一票。
不思議に感じたのは超有名店って事なのに、お弟子さん風の人がいなかった。 
それだけのスペースも厨房にはないですね。
(のちに師匠に教えてもらったところ、本店のお弟子さんがのれん分けしたお店だからとのことです。)
店づくりはすっきりしていて、好感触。 
「武蔵」も「青葉」も店内の作りが実にいいですね〜。
これとは相反する「うましかラーメン」
に早く行ってみたいものです
また行きたい度99%でございます。

回回回回回回回回回回回回回回回回回
回   
T師匠のコメント    回
回回回回回回回回回回回回回回回回回
「東京のラーメン屋さん」、略称「とらさん」という人気サイトがあります。
そこで定期的に開催される人気投票でずっと上位をキープし続けている店が、中野にある「青葉」です。
開店当初は「魚系」「ガラ系」のスープを別々の寸胴でとり、
それを丼の中で合わせる「ダブルスープ」という作り方をしていました。
ただ、ここは行列が目印になるくらい人が並んでしまい、連日早じまい。
会社帰りにちょっと寄っていく店ではなくなってしまったと、嘆いている地元ファンも多かったと聞きます。
そんな人気店の第一号支店が、この飯田橋店。
中野本店で修行してらした方が、本店そのままの味を出してくれます。
ただ、やはりここもつねに長蛇の列となってしまい、気軽に行くにはハードルが高いですね。
と、嘆いていたら、鍋屋横丁、そして新宿御苑にも支店がオープンしました。
とくに、新宿御苑店は短い行列で(いまのところ)青葉の味が楽しめるので、
たいへんありがたい存在です。
いわゆる「シナそば」っぽいラーメンではないのですが、
「ああ、東京のラーメンってこうだよな」と思いださせてくれる一杯ですね。
個人的には、ここの「特製つけめん」が好きです。
つけダレをスープ割りしてもらって、鰹節の香りを楽しむ。
うーん、たまりません。(^_^)